東京と地方都市の住みやすさを比較!子育てするならどっちのがおすすめ?【実体験】

東京スカイツリー 地方暮らし

最近は「東京で生活するより田舎の方がメリットがある」なんて言われて田舎に移住する人も増えてきましたよね。

僕自身は千葉県出身で、東京で一人暮らしをしていた時は自分がまさか地方都市に住んで生活するとは思ってなかったんですけど、気がつけば仙台に引っ越してきてもうすぐで4年。

そろそろ仙台の良さや逆に住みにくいな、ということがわかってきました。

仙台という町はどうやら転勤族の方などから住みやすい町として人気のようですが果たして本当に住みやすいのか。

今回の記事は東京にいた僕が実際に約4年仙台という地方都市に住んでみた感想や地方都市のメリットデメリットをご紹介したいと思います。

また子育てという面でも僕なりの感想を述べたいと思います。

もし地方に移住を考えている人はこの記事を読んでから考えてみるといいかもしれません!

まずは地方のメリットデメリットから!

スポンサーリンク

地方に住むメリット

自然が豊富

豊かな自然環境が田舎には揃っています。それも東京にいた時には考えられないほど。

例えば車で数十分走れば綺麗な水が流れる川があったり、山があったり、冬にはスキー場まですぐ行けちゃいます。

これは東京にいた僕にとっては特にメリットではないのですが、田舎の良さを伝えるとしたらやっぱり自然が豊富なことは田舎だからこその環境なのでメリットとしてあげました。

宮城県女川町の海
女川町の海

ほら、宮城の海ってめっちゃ綺麗でしょ?

あとは温泉がたくさんあったり、BBQができる環境もたくさんあるから周りの視線を気にせず思う存分アウトドアなイベントができたり。

とにかく自然が豊富でそういった意味では子供もすごく開放的な環境で育てられるのはメリットだと思います。

生活リズムが完璧に整う

これは嘘なんかではなく本当の話で、田舎は夜寝るのめちゃくちゃ早いです。そして朝もめちゃくちゃ早い。

どちらかと言うと夜型の人間だった僕は地方に住んだおかげで生活リズムが一定になりました。そう。基本はリズムキープです。

もう21時とかに外に出たら人なんて歩いてないし、なんなら信号が点滅しちゃってます。

田舎は信号ですらちゃんと夜は寝るみたいです。

このおかげでどんな夜型の人間でも田舎にくればしっかりと生活リズムが整います。

通勤ラッシュがない

基本的に車社会の地方では通勤ラッシュとか満員電車とかの概念がありません。

田んぼ道をゆったり車で走ってくるのが田舎の出勤です。

朝や夕方の東京の電車や道路の混み具合を考えると、このメリットはかなり大きい気がします。

もっと言えばそもそも会社と自宅の距離が近い人が多いです。

通勤に30分かかると言えば遠くて驚かれるほど。東京では通勤時間1時間とか割と普通だと思うので、そう言う意味では通勤ラッシュの概念がないのはメリットですね。

地方に住むデメリット

田んぼの写真
田舎

ではデメリットはどんなことがあるのでしょうか。

子育ての幅が狭まる

子育ての幅とは、例えば習い事。これはかなり限られてきます。やはり子供の人口も少ないので習い事でできる競技も少ないです。それだけでなく、学校の選択肢も少ないです。

つまり、田舎で子育てをするとだいたい地元のみんな同じような習い事をやって高校までみんな同じ学校みたいな。

これってめちゃくちゃつまらないですよね。

僕は地元である千葉県の小学校、中学校に通ったあと東京の高校に進学してます。そした大学は横浜にキャンパスがある大学。

それぞれのステージで友達もできたし、色々な経験をすることができました。

僕は子供にも人生で色々な経験を積んでほしいと思っているので、それは高校までずっと同じ友達と過ごすような田舎では叶わないな、という考えです。

古い考えや習慣が根強く残っている

これは文字に起こすのは難しいのですが、地方にはまだたくさん昔の文化や風習が残っています。

地元のお祭りや神社のイベント、その他にも消防団であったり地域の運動会とか。これが結構東京から来た僕には厄介でした。

もちろん参加は任意なので参加しなくてもいいのですが、暗黙の了解と言うのでしょうか。高齢者から圧力をかけられます。

地域住民との距離が近い

よく地方の人は「東京の人は冷たい」と言いますが、そんな冷たい人間がいるところからきた僕にとって地方の人のように距離感が近いと言うのはデメリットに感じます。

コンビニやスーパーではレジのおばさんに話しかけられるし、ショッピングモールなどの大型施設でも平気で話しかけられます。特に赤ちゃんがいると話しかけられることが多いです。

これはよく言えば「人が優しい」と言うことになるとは思うのですが、正直僕にとっては慣れるまでは恐怖でしかなかったです(笑)

また「こないだ〇〇にいたでしょ!」と地域の間ではすぐに居場所がバレてしまうのもデメリット。

探偵でも雇ってるのかな、と思うほどに誰がどこにいたかと言うのは筒抜け状態になります。

それもデメリットかな、と思います。

東京と地方で実際どっちがおすすめなの?

東京渋谷の街並み
渋谷

結論から言うと、圧倒的に東京の方がおすすめです。

地方都市に住むメリットは家賃が安いとかくらいなんですけど、サラリーマンであれば給料も地方の方が安いです。

それなら東京でお金を稼いで家賃の高い家に住んでも実質使えるお金は変わらないと思います。

やはり東京には勝てませんね。

子育ての面でも正直田舎で育てるメリットは何も感じません。

子供には成長する上で色々な経験をしてほしいと誰もが思うはずです。

僕が田舎に住んでみて思ったことは、田舎では経験値が浅いままだなと言うこと。

なので東京から田舎に移住するメリットはないんじゃないかな、と思います。

まとめ

完全に僕の個人的な主観で書いた記事なので、そうじゃないよと言う方もいると思います。

それはそれでオッケーです。

ただ僕は地方都市、それも割と大きな都市である宮城県にきて記事に書いたようなことを感じました。

人によってはデメリットであげたことがメリットに感じる人もいるかもしれませんが、約4年住んでみてこのデメリットをどうしても克服することができませんでした。

なので、地方都市でも生活をやめてまた関東に戻ろうと思います。

幸い僕はサラリーマンとして働いていないので、住む場所はいつでも自由に変えられます。

夏には新しく生まれるあかぴっぴを連れてとりあえず地元に戻ろうかな!

以上、カイトでした!(@66kai14)

人気の記事を貼っておくので合わせて読んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました